<パラブーツ|Paraboot>ウィリアムメインイメージ

レイニーシーズンにおすすめなのは、こんな靴!

じめじめ、じとじと。
梅雨の時期は、なんだか滅入ってしまうことが多いものです。

特に、強い雨が降ると、足元がかなり気になります。

例えば、靴。

革製品は雨に弱いので、シミになったり、カビてしまったりと、あまり良いことがありません。

だからこそ、気をつけたいのですが、かと言って長靴を履いて出勤というのも、かなり勇気がいるものです。

そこで、足元のおしゃれを楽しみつつ、レイニーシーズンを乗り切るおすすめ靴をご紹介。

それは、アッパーがスエードで、アウトソールがラバーの靴です。

<パラブーツ|Paraboot>ウィリアムイメージ
<パラブーツ|Paraboot>ウィリアム アウトソールイメージ

起毛素材のスエードは、雨に弱いと思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、実は雨に強い素材です。

人間の髪の毛と同じような理屈なんだと思います。

スムースレザーは、表面がなめされていて、毛がありません。
例えれると、スキンヘッドのようなものでしょうか。

この場合、雨が直に皮膚を襲います。

でも、髪の毛があったら、雨が皮膚まで到達するのには、時間がかかりますよね。

髪の毛についてしまった雫もタオルで拭いてしまうこともできます。

革に水が浸透するのと、シミになったりカビのもとになってしまうのを防ぎやすいというわけです。

一方で、アウトソールは地面に直で接するものですので、なるべくならゴム素材のものがおすすめ。

水には強い素材ですし、レザーソールのように滑ったりしないグリップの良さもあります。

また、さらに雨が強い日には、チャッカブーツはいかがでしょう。

<チャーチ|Church's>ライダー

短靴ですと、靴の中に水が入ってくる恐れがありますので、ブーツタイプですと、より安心です。

「ブーツは苦手」という方でも、スエードのチャッカブーツを1足お持ちになると、便利だと思います。

梅雨の時期はもちろん、雪にも強いですし、通年お使いいただけるアイテムです。

鳩目堂でもスエード靴を扱っておりますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

【鳩目堂のスエード靴】
http://mens-shop.bamboo-creation.jp/tag/suede/